バラスト水処理装置搭載

バラスト水に含まれる水生生物を生息地以外での排出を防止するために、IMO(国際海事機関)で、バラスト水及び沈殿物の管制及び管理のための国際条約が2004年に採択され、2017年9月8日に発効されました。
当社は、既存船へのバラスト水処理装置(BWMS)搭載工事において、以下のプロジェクト・マネージャー業務を行っています。

プロジェクトマネージャーの主な業務

  • 船主への機器選定の助言
  • 船主へのエンジニアリング会社の選定の助言
  • バラスト配管図、配線図、機器配置図などの改正図面チェック
  • 機器、配管、各メーカーのサービスエンジニアの手配
  • 船舶管理会社へのBWMS搭載工事に関する情報提供
  • 船舶管理会社、機器メーカー、エンジニアリング会社及び造船所との打合せ
  • 設置工事立会い(工程管理、関係者間の調整、コミッショニング完了の確認など)
  • BWMP(バラスト水管理計画書)作成手配
  • 3D撮影・モデリング など

搭載実績(2018年1月現在)

船種:Bulk Carrier, PCC、Tanker、LNG 計60隻以上
BWMS 処理方式:UV式、オゾン注入式、薬剤注入式、電気分解式

バラスト水処理装置関連機器の共同開発

  • バラスト水生物検査装置用濃縮装置の共同開発(Lサイズの生物の測定用可搬型濃縮装置)
  • その他

バラスト水処理装置搭載に関するお問い合わせ:海洋環境部 
moleng-bwms@molgroup.com